シーズンに合わせて変えるスキンケア【保湿・美白・年齢肌】

夏は美白ケア、冬は保湿重視、そして平行して年齢肌対策を!そんなシーズンに合わせて変えるスキンケアの方法をご紹介
MENU

寒くなる季節はお肌の蓄え期

シーズンで変わる肌のケア

暑い暑い夏が終わって、紫外線にさらされてダメージを受けたお肌。

 

秋になって、一気に乾燥してくるこの季節は、お肌のダメージをどり戻して、さらにお肌のお手入れの蓄え期です。

 

 

寒い冬を越えて春になると、また花粉やほこりが多い季節となって、一気にお肌トラブルが増える時期。

 

だから、秋そして冬の間にしっかりスキンケアをしてあげることで、春の肌荒れを予防しましょう。

 

まず、秋の間は、夏の紫外線にさらされて、シミを作ってしまった人はしっかり美白対策を。

 

夏の間に紫外線対策をした人も、肌の奥底まで届く紫外線でシミの予備軍は必ずできています。

 

今は見えなくても出てくるのです。

 

秋の間は、美白効果のあるスキンケアシリーズを使うことを強くお勧めします。

 

そして、乾燥どんどん進んでいくので保湿対策も必ず行ってくださいね。

 

夏場よりもワンランク上の保湿力のあるスキンケアをおすすめします。

 

そして、いよいよ寒い冬には、保湿、マッサージ、そしてまた保湿。

 

冬場は保湿重視で徹底ケア!

寒くて肌の代謝が落ちるこの時期は、保湿をしつつ、お風呂上りに、マッサージをしましょう。

 

必ず手には保湿クリームなどをつけて、頬のあたりをくるくるを円を描く様にマッサージしてあげたり、おでこの乾燥しやすい箇所もクリームを塗りこむような感じでマッサージしてあげましょう。

 

 

肌の代謝が落ちる分、トラブルも減りますが、そのため肌が硬くなったりします。

 

硬くなると乾燥しやすく、シワにもなりやすいので、丁寧に扱ってあげましょうね。

 

この秋冬をどう過ごすかで、来年の春に結果がでますよ。

 

 

冬こそ保湿重視のスキンケアで積極的な乾燥対策を!

 

小林製薬の超保湿基礎化粧品シリーズ。ヒフミドの通販情報

冬場は保湿重視でスキンケア!

クレンジングは勿論洗顔を行なう際には、極力肌を擦らないように留意が必要です。

 

しわのキッカケになるだけでも大変なのに、シミに関してもはっきりしてしまう結果に繋がると言われます。

 

 

お肌というと、本来健康を持続する働きがあると言われます。

 

スキンケアの肝は、肌に秘められている能力を目一杯発揮させることだと言えます。

 

 

眉の上または耳の前などに、いつの間にかシミができることがあると思います。

 

額全面にできちゃうと、信じられないことにシミだと気が付かずに、加療が遅くなることは多いです。

 

乾燥対策が年齢肌改善の肝

 

保湿あるいはセラミド、たくさんのフルーツに含まれているビタミンCは、コラーゲンの生成を後押しする作用をするので、肌の下層から美肌を実現することが可能なのです。

 

 

ストレスのせいで、交感神経と副交感神経のバランスが崩され、男性ホルモンの機能も異常になることで皮脂の量も大量となり、ニキビが誕生しやすい体調になるそうです。

 

 

押しつけるように洗顔したり、何回も毛穴パックをやりますと、皮脂を除去する結果となり、それが原因で肌が皮膚をプロテクトしようとして、皮脂を限度を超えて分泌してしまうことがあるとのことです。

 

 

寝ている時間が短い状態だと、血の循環がひどくなることにより、必要栄養素が肌にとっては不足する結果となって肌の免疫力が下がることになって、ニキビが発症しやすくなってしまうのです。

 

 

毛穴が元凶となってスベスベ感のない肌を鏡で凝視すると、泣きたくなります。

 

それだけならまだしも手を加えないと、角栓が黒く見えるようになって、たぶん『醜い!!』と思うことになります。

 

 

後先考えずに角栓を取り去ることで、毛穴に近い部位の肌にダメージを与え、それによりニキビなどの肌荒れに見舞われるのです。

 

悩んでいたとしても、強引に掻き出そうとしてはダメ!

 

ホルモンの分泌異常や肌にハリがなくなったことによる毛穴の目立ちを何とかしたいと思うなら、食生活を見直すことが重要です。

 

そうしないと、有名なスキンケアを行なったとしても効果はありません。

 

製薬会社のスキンケアは安全性重視!?

 

コスメなどの油分とか自然界の汚れや皮脂がこびりついたままの状態であるとすれば、予想外の事が起きたとしても当たり前だと言えます。

 

皮脂を取り去ることが、スキンケアの基本です。

 

 

毎日望ましいしわのお手入れを実践すれば、「しわを解消する、または薄めにする」ことだった難しくはないのです。

 

ポイントは、忘れることなく繰り返すことができるのかということです。

 

 

果物と言えば、潤沢な水分はもちろん酵素であったり栄養成分があることは有名で、美肌にとってはなくてはならないものです。

 

そんなわけで、果物をできる範囲でたくさん食べると良いでしょう。

 

 

睡眠時間中で、お肌の生まれ変わりが進展するのは、22時からのせいぜい4時間程度ということが明白になっているのです。

 

なので、深夜に床に入っていないと、肌荒れの誘因となるのです。

 

 

どこの部分かやその時々の気候などによっても、お肌の状態は様々に変化します。

 

お肌の質はいつでも同じ状況ではないことがご存知かと思いますので、お肌の今の状態にあった、効果を及ぼすスキンケアをすることが絶対条件です。

 

 

 

このページの先頭へ